高電位治療器体験中。さらにいろいろ調べてみました。




高電位治療器とはどういったものでしょう

電位治療器は、日本人の発明家原敏之が「高圧送電線下に結核患者がいない、農作物の収穫量も多い」というドイツの医学雑誌の記事をきっかけに、「電界が人間のからだに良い影響を与えるのではないか」と考え、1928年に高周波超高圧の電位負荷を利用した治療器を開発したのが原型と言われている。その後現在の低周波電界による電位治療器が厚生省の承認を受けて現在に至っている。
1963年に先発メーカーである白寿生科学研究所により「ヘルストロン」(商品名)が製造され、それに続き、ヘルスの「パワーヘルス」とコスモトロン、ドクタートロンの「ドクタートロン」、エヌエスジーの「トランセイバー健寿」、バイオトロンの「ビーオス」、日本セルフメディカルの「メディック」、ココロカの「リブマックス」が現れ、現在においては十数社から30数社の各社製品が出回っている。
現在、主流となっているのは高圧電位治療器と呼ばれるもので、その原理は、身体を高電圧で包み込み、外界との電圧差により、治療効果を発揮するとメーカーは説明している。電流はごく微量のため人体への影響は少ないと推測される。 
 
(Wikipediaより引用)


今回たまたま株式会社フェニックス【mirai14000】という治療器の
無料体験会ワクワク広場に遭遇したので体験してみました。

普通の椅子の上にペロンと敷かれたマットの上に20分座るだけです。
そして、そのマットが【mirai14000】につながっています。
足元には電流を逃がさないためだという青いマットが敷かれています。
青いマットには靴のまま乗る方が効果的とのこと。

フレンドリーなお姉さんが説明してくださいます。

ペースメーカーの方は利用できません!
赤ちゃんからご年配まで利用して良いそうです。
副作用は全くありません、とおっしゃっていました。
1日1回、毎日体験してよいそうで、むしろ毎日来てくださいとのこと。
私は現在10回体験しています。電源onしてマットの上に座ると、
身体がなんとなくじんわぁ~り暖かくなり
人によっては眠くなったりもします。
これといった体調不良がなかった私には効果はいまいちよくわかりませんが、
すでに25回ほど体験されている方々に、お話をうかがってみると、

よく眠れるようになった
お通じが良くなった
アトピーが良くなってきた
飛蚊症が良くなってきた


というような効果を感じられている方が数名おられました。

肩こり、頭痛、不眠症、慢性便秘の症状の改善が、
効能・効果として認められているとの説明もありましたので
それらは、治療器の効果であると思ってもいいのでしょうか。。

高電位治療器自体はなかなか悪くはないようですね。
ですが、かなりの高額商品ですので、購入はよく検討したほうが良さそう。
購入して最初の頃は一生懸命頑張って使用するのでしょうが、
1年もしないうちに使わなくなって部屋の隅っこでホコリかぶっていたり、
押入れの肥やしになってしまったり、リサイクル業者に安く売ったりする羽目に。

こういった治療器は体に何らかの支障がある方に、より効果が感じられ、
購入される方のほとんどが、高齢の方である場合が多いですよね。
個人のとらえ方や考え方にもよりますが、過去にはその売り方などに
疑問を持つ声もいろいろ出ています。以下はそういったお声やご相談などです。

憎むべし、電位治療器。憎むべし、悪徳商法。

高電位治療器について


無料体験会のワクワク広場は、定期的に開催されているようなので
ワクワク広場の追っかけをして、購入せずに済ませるというのもいいかもww


中古でもかなりの高額で販売されています^^;






いつも応援ありがとうございます♪

FC2Blog Ranking にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


・*:・ふわゆら生活・:*・
もどうぞよろしく


欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック