★「江#19」乙女心は~?

今回は~初が好きな人のところに嫁げるようにと

茶々が秀吉に取り計らうが。。そのために茶々が犠牲に?


第19回「初の縁談」

『江~姫たちの戦国~』公式ページ


江(上野樹里) 市(鈴木保奈美) 茶々(宮沢りえ) 初(水川あさみ) 秀吉(岸谷五朗) おね(大竹しのぶ) 京極龍子(鈴木砂羽) 家康(北大路欣也) 柴田勝家(大地康雄) 石田三成(萩原聖人) サキ(伊佐山ひろ子) ウメ(和泉ちぬ) ヨシ(宮地雅子) 千宗易(石坂浩二) 織田信雄(山崎裕太) 佐治一成(平兵大) 羽柴秀長(袴田吉彦) 足利義昭(和泉元彌) なか(奈良岡朋子) とも(阿知波悟美) たま(ミムラ) 京極高次(斎藤工)


茶々にフラれて~あはは~~しおれたサルになったらしいよ~

その割には茶々は秀吉のことを気にかけてたり~??


初はもう高次さまにぞっこんやなぁ~~嫁ぎたいって騒ぐし。。

その割には高次様に言ってはいけないことを言ってしまうし~(>_<)

乙女心は複雑やなぁ~~(´Д`)ハァ…



縁談をまとめる代わりに私に何かくださるのかぁ~

エロおやじめ~~~!!!!



私の好きなものは菓子にございます

それでもよろしいのですか?


好きになるよう努めます!!


あ~~もう勝手にやってくれぃ~~!!


覚悟を決めた茶々に~エロおやじは~。。。


えっ??そうきたか!


サルめ~茶々のハートをキュッとつかんだ??


新参の側室とじゃれあう秀吉を見て~ありゃぁ~やきもち!?


タイムリーな情報はtwitterで~
のの雪のつぶやきnonotsubu
関連記事
スポンサーサイト

コメント

乙女心は
こんばんは。トラックバックありがとうごさいました。
姫さまたちの乙女心が主題なのでしょうか、上手く描けているとは?茶々と秀吉の月夜のシーンは良かったですが、最後の若い側室のキスマークと茶々のビンタのシーンはベタ過ぎてひきました。来週は茶々と秀吉が結ばれるようですが、どんな展開になるのでしょうか。
また来ます。

管理者のみに表示

トラックバック

『初の縁談』 内容 秀吉(岸谷五朗)から側室にと請われた茶々(宮沢りえ)は、それを拒絶。 “あなたは父と母を殺した仇です!” 話を聞いた江(上野樹里)は、怒り心頭。“約束が違う!!”と秀吉に訴え...
天正15年晩夏。 初(水川あさみ)の京極高次(斎藤工)への恋心は募るばかり。 だが、信長のめいである三姉妹は、秀吉(岸谷五朗)にとって政略結婚最大の駒。 望む相手との結婚など無理だと龍子(鈴木砂...
『初の縁談』 内容 秀吉(岸谷五朗)から側室にと請われた茶々(宮沢りえ)は、それを拒絶。 “あなたは父と母を殺した仇です!” 話を聞いた江(上野樹里)は、怒り心頭。“約束が違う!!”と秀吉に訴える。 事情を知ったおね(大竹しのぶ)は、“念書”を持ちだし灸?...
「あなたは父と母を殺した仇です-------------」 縁談をきっぱり断った茶々。 その話を聞いた初は驚くも、高次の言葉を思い出し、大好きな菓子も喉を通らないよう。 そして、約束を破ったと、怒りの江は、秀吉の元へ。 さがそこに北政所が。 だが、もうすでに...
先週発売の写真週刊誌「FLASH」5月31日号に載った 「NHK大河ドラマ脚本家、法廷で『替え玉』暴露」 という記事。 ざっと説明すると、 脚本家・田渕久美子が 「篤姫」発表記者会見時の着物の代金について 呉服店と争っている裁判の控訴審で 田渕久美子の元私設秘...
先週発売の写真週刊誌「FLASH」5月31日号に載った 「NHK大河ドラマ脚本家、法廷で『替え玉』暴露」 という記事。 ざっと説明すると、 脚本家・田渕久美子が 「篤姫」発表記者会見時の着物の代金について 呉服店と争っている裁判の控訴審で 田渕久美子
何だかここんとこ青春ときめきラブコメディーと見ま江ばかりの神展開ですが、さて今週は、いよいよ初様の縁談だとか~。女子のご本人が見染めるってのがそもそもあり得ませんって!とは言いナガラ、ヤハギ今作的にはどうしても譲れませんか、なんともショウナイ川で~。
朝廷から豊臣の姓を授かり、聚楽第を建設し、まさに絶頂期の秀吉。家康に自慢しながら、家康とその長男の竹千代にも官位をあたえて取り込もうとします。&amp;nbsp;そんなころ、こんどは次女の初に、運命の時がきたようです。「甘い菓子が嫌い」と言われて、大好きなお菓子...
今週も『江』のお時間です。 あらすじ・・・・・
純粋な恋愛ドラマとして見ても・・・ コメディ色が邪魔して、いまいち中途半端になっている。確かに、茶々(宮沢りえ)が秀吉(岸谷五朗)の側室になっていく過程を、茶々が秀吉 ...
大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第19話は茶々が秀吉の側室を拒否したものの、その心は確実に動揺していた。そんな中初が高次への想いが募り、茶々に高次の妻になりたいと告げ ...